安心と信頼の実績 平成13年開業 福岡市南区野間「遺言書作成」専門の三浦行政事務所 

お役立ちコラム集

「遺言」と相続の三浦事務所トップへ

二通の遺言書はどちらが有効か?

あとの日付の方が有効となる

 故人の作成した遺言書が二通出てきた場合、二通の遺言書のうち日付が後の方の遺言が有効になります。
遺言は、人の最終意思として尊重しなければならないものですが、遺言書が二通出てくれば、やはり問題が生じます。
 そこで民法ではこのような場合を考えて、次のような規定を置いています。
 前の遺言に抵触する遺言を作成することによって、その抵触する部分については、前の遺言が撤回されたことになる。
 また、遺言者はいつでも遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を取り消すことができるとしています。

内縁の妻は財産を一銭も貰えないのか?

内縁の妻では相続権が全くない

 夫婦同然の生活を長年続け、内縁の妻にどんなにお世話になっても法的な「配偶者」でない以上、相続権は全くありません。
 男性と同居し、長年連れ添った内縁の妻が男性を亡くしたところ、その途端に男性の子供たちがサッサと自分たち名義の宅地の相続登記をしてしまいました。さらに、残された内縁の妻に対して、父の貯金やその他のものを全部引き渡してくれと要求してきた場、内縁の妻はそれを拒む権利がないわけです。

お世話になった内縁の妻のために対策をしておくことが大切

 とても気の毒な話しですが、男性は生前にどうすることも出来なかったのでしょうか?
 男性が亡くなる前にきちんと婚姻届をしておけば問題はなかったのですが、家族の反対などで婚姻届を出せない事情がままあるかと思います。
 このようなケースの場合、男性の生存中に財産の全部または一部を内縁の妻に贈与して名義を変えておくか、自分が死んだらこれこれの財産を内縁の妻にやるという遺言書を書いてもらっておけば良かったのです。

遺言書の作成依頼はこちら

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional